2012年6月15日

骨董からガラクタまで、ユニークな出品多数! 「遊行寺蚤の市」毎月2回開催

yugyouji_sando.jpg

湘南・藤沢「時宗総本山 遊行寺」の境内で、毎月第1日曜日と第4土曜日に蚤の市が開かれている。35年以上も続く骨董市で、神奈川県では一番歴史が古いという。出店数は天候に左右されやすく、多い時で約50店。神奈川県内や静岡など近県からの出店者が多い。

 

古陶磁器、古布、古銭、古道具は、江戸~明治時代の掘り出し物も多数。古伊万里、ガラス製品、茶道具など定番人気の骨董品のほか、江戸後期作ともいわれる陶器製「染付古便器」といったユニークな出品も目立つ。「のらくろの板」や「レコードプレーヤー」などのような「がらくた」といわれる雑貨類も、最近のレトロブームのせいか年齢問わず人気が高いそうだ。横浜から来た25歳男性は、「古い時計の音が大好き」で、横浜から毎回欠かさず通っているとか。出店者とお客さんが談笑し合う、どこかのどかな雰囲気も魅力。

 

「何よりお客さんとの掛け合いが楽しい。商品に関する質問でも、値切り交渉でも、どんどん声をかけてください」とは、長年この蚤の市の代表を務める相原裕之さん。

 

遊行寺は、一遍上人ゆかりの由緒ある寺院。広々とした境内には、樹齢300年を超す大銀杏、文化財の銅鐘、小栗判官照手姫の墓、国宝が展示されている「宝物館」、手入れの行き届いた庭園など、見どころも満載だ。

 

 

yugyoji_bonsai.jpgyugyoji_camera.jpgyugyoji_clock.jpgyugyoji_clock2.jpgyugyoji_norakuro.jpgyugyoji_pot.jpgyugyoji_tetubin.jpgyugyoji_touki.jpgyugyoji_tikuonki.jpgyugyoji_omise.jpgyugyoji_box.jpgyugyoji_koimari.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yugyotyaya.jpg昼時には、境内にある「遊行茶屋」(10時~17時、木曜定休)も大盛況。人気の「遊行弁当」(500円、限定20食)は土曜・日曜・祝日のみの限定販売だ。

 

お散歩がてら、自分だけの「古いモノ」を見つけに行きませんか。

また、出店者も募集中。興味のある方はぜひご連絡を。090-4544-7063(相原さん)

次回は、6月23日(土) 7時~15時。 境内に駐車場有り。