平和を考える「朗読舞台」出演者募集

広島平和記念公園内にある、折り鶴を掲げる少女を象った「原爆の子の像」は、実際に原爆による白血病で亡くなってしまった少女・佐々木偵子さんをモデルにしています。

2017年8月、「サダコのオリヅル」が茅ヶ崎市へ寄贈されました。
何故、折り鶴が平和のシンボルなのか?
そのストーリーを朗読舞台で伝えませんか。
(偵子鶴が寄贈された際にも上演した作品です)

【稽古日程】(全7回)
1月 20日(土)、27日(土)
2月 7日(水)、17日(土)、24日(土)
3月 7日(水)、14日(水)

【本番】
3月17日(土)、「イオンスタイル湘南茅ヶ崎」で上演

  • 開催日2018年1月20日 (土)~ 2018年3月17日 (土)
  • 時間17時半~19時半
  • 場所【稽古場】男女共同参画推進センター いこりあ
  • アクセス茅ヶ崎駅北口徒歩4分
  • 料金無料
  • 主催・協賛団体平和を考える茅ヶ崎市民の会実行委員会
  • 関連サイトhttp://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/bunka_rekishi/1005652/1006239.html
  • TEL080-6729-8008
  • TEL080-6729-8008
  • お問い合わせ長谷川さん
  • 備考【対象】
    小学生以上、性別、経験不問
    原則として稽古日程すべてに参加でき、積極的に取り組める方
    【申込】
    氏名、年齢、連絡先を下記までお知らせください
    メール:danjo@city.kanagawa.jp
    FAX:046757-1666

アクセスマップ

朗読舞台の出前をしています

また、戦後70年にあたり、茅ケ崎市民から寄せられた手記などをもとにした台本「ノート」の出前公演も「学びの市民講師」として、市民の皆様に届ける活動をしています。
作者の思いを届けてみませんか?
ご興味がある方、お気軽にお問い合わせください!

まなびの市民講師 平和を考える茅ヶ崎市民の会実行委員会

  • 文化
  • イベント