ふれあい医学サロン医心伝心 第12回「肝臓を守る薬と食事と運動のはなし」

~肝臓をいたわって健康寿命を延ばそう~

肝炎の治療は目まぐるしく進化しています。C型肝炎は最短8週間の飲み薬で完治するようになりました。
一方、お酒の飲みすぎや、太りすぎによる肝炎が増えてきています。

かつては、肝臓病になったら安静にして高カロリー・高タンパクの食事をとるように言われましたが、今は適切な運動、適量のカロリー、適量タンパク、脂肪控えめなどの食事を3度とることが基本となっています。
本講座では、肝臓病の進行を抑えるコツを解説させていただきます。

講演時間は約1時間を予定しております。
質問はどうぞ自由に、どうぞ気楽にご来場願います。

講師:湘南東部総合病院肝臓病センター長・平野 克治 (ひらの かつはる)医師
司会:湘南東部総合病院院長・市田 隆文(いちだ たかふみ)医師

  • 開催日2018年4月9日 (月)
  • 時間18時半~
    ※参加申し込み不要
  • 場所茅ヶ崎ラスカ 6Fホール
  • アクセス茅ケ崎駅改札より直結
  • 料金参加無料
  • 関連サイトhttp://www.fureai-g.or.jp/toubu/
  • TEL0467-89-3633
  • TEL0467-89-3633
  • お問い合わせ湘南東部総合病院 地域連携室
  • チラシ チラシ

アクセスマップ

次回予告

第13回 5/7(月) 仮 「糖尿病のお話」
講師:糖尿病内科 辻正冨 医師

  • 講演