【中山律子のドラマチックリーディングで聞く名作の数々】 第6弾「菊池寛」

あの名作をもう一度!

本の読後感は年代によって変わります。
それは、読み手がいろいろな経験を経て成長しているから。
学生時代に教科書で読んだ夏目漱石や芥川龍之介の作品も、今聞いてみると「こんな話だったんだ!」と目から鱗が落ちるかも。

「ドラマチック・リーディング」はただ朗々と作品を読むのではなく、作者の描く内容に即した音声表現で、二次元の活字を三次元の世界へと立体的に立ち上げていきます。

6回目の今回は芥川賞・直木賞の創設者「菊池寛」。
お楽しみに。

【講師】中山 律子氏
県立高校で長年国語教室に携わる。
東京・下北沢の包装表現センターでドラマチック・リーディングを学ぶ。
「ゲーテの詩朗読コンクール」優勝。
教育委員会や図書館主催のイベントなどで講師を務めている。
ニッポン放送主催「RO-DOKU御伽草子」など多数出演。
放送表現教育センター講師。

  • 開催日2018年5月28日 (月)
  • 場所長谷川書店ネスパ店
  • アクセス茅ヶ崎駅北口交番隣・ネスパビル6F
  • 料金1,000円
    ※文庫代「藤十郎の恋」を含む
  • 主催・協賛団体長谷川書店
  • 関連サイトhttp://www.shonan-sh.jp/shop/books-hasegawa
  • TEL0467-88-0008
  • TEL0467-88-0008
  • お問い合わせ長谷川書店ネスパ店
  • チラシ チラシ

アクセスマップ

菊池 寛

菊池 寛(きくち かん)
1888(明治21)年~1948(昭和23)年。香川県高松出身。
小説家、劇作家、ジャーナリスト。
代表作に「屋上の狂人」「父帰る」「恩讐の彼方に」「無名作家の日記」「藤十郎の恋」など。
事業家としての側面も持ち、文藝春秋社の創設、芥川賞、直木賞の設立者としても知られている。
映画会社「大映」の初代社長も務めたが、戦時中の翼賛運動を問われ、1947(昭和22)年に辞任。
作品については、作家自身の人生経験や人生観を作品内に落とし込むことを重要視していた。

  • 文化
  • 講演