【企画展】大映映画のスターたち

戦時統制下の1942年に設立された「大日本映画製作株式会社(大映)」は、戦後『羅生門』(黒澤明監督)をはじめ重厚流麗な作品を次々と送り出し、国際的に高い評価を得ていた。
大映はまた、長谷川一夫、京マチ子、若尾文子、山本富士子、市川雷蔵、勝新太郎ら華麗なる映画スターたちを主演にした作品を数多く製作し、それらの作品は現在に至るまで、日本映画史に燦然と輝いている。
同展では、大映で活躍した映画スターを中心に、貴重な資料を黄金期の名作の上映と共に紹介する。

  • 開催日2018年3月16日 (金)~ 2018年6月17日 (日)
  • 時間9時~17時(入館は16時半まで)
  • 場所鎌倉市川喜多映画記念館
  • アクセス鎌倉駅徒歩8分
  • 料金入館料(企画展観覧料):一般200円、小中学生100円/映画鑑賞付きは一般1,000円、小中学生500円(入館料込み)
  • 関連サイトhttp://www.kamakura-kawakita.org/
  • TEL0467-23-2500
  • TEL0467-23-2500
  • お問い合わせ鎌倉市川喜多映画記念館
  • 備考【見どころ】
    ●写真家・早田雄二による女優たちの美しいポートレートを中心に、溝口健二監督作品の美術監督で知られる水谷浩のデザインがや、小津安二郎監督による『浮草』の自筆シナリオなど、貴重な映像資料を約100点展示
    ●山本富士子氏、南美川洋子氏による貴重なトークイベント、鎌倉ゆかりの女優・原節子にちなんだトークイベントを開催
    ●1950~60年代を中心に、日本映画の黄金時代に製作された珠玉の映画を14作品にわたって上映

アクセスマップ

  • 文化
  • 講演