食べる

買う

健康美容

暮らし
現在の
登録数
355
follow me
LINE
ホーム » イベント情報 » 文化 » 没後110年 国木田独歩、茅ヶ崎ですごした最期の141日

没後110年 国木田独歩、茅ヶ崎ですごした最期の141日

国木田独歩の没後110年にあたって、「天成の詩人」国木田独歩の生涯と文学的足跡を辿るとともに、短くもエネルギーに満ちた独歩の一生が茅ヶ崎にもたらしたドラマについてご紹介します。

国木田独歩は、近代文学のなかで独自の地位を築いた作家です。とりわけ代表作「武蔵野」は、身近な自然を詩情豊かに歌い上げ、不朽の名作として親しまれてきました。独歩は結核を患い、1908(明治41)年2月に茅ヶ崎の南湖院に入院し、141日の闘病の末、最期を遂げました。
本企画展は、国木田独歩の没後110年を記念し、その生涯と文学的足跡を辿るとともに、短くもエネルギーに満ちた独歩の一生が茅ヶ崎にもたらしたドラマについて紹介します。

【展示内容】
(1)国木田独歩の軌跡-1871年~1908年
独歩の人格形成に大きな影響を与えた幼少期と少年時代、恋愛と破局に揺れる青年期を振り返るとともに、生涯にわたり友情を育んだ田山花袋との出会い、文学者としての出発、賑やかな交友関係、雑誌編集者としての挑戦と挫折を跡づけます。

(2)国木田独歩と茅ヶ崎-最期の141日
結核に罹り、茅ヶ崎の結核療養所「南湖院」に入院してからの独歩の生活を取り上げます。この頃、独歩の文学が高く評価されるようになり、独歩の動静は、当時寒村であった茅ヶ崎の地名とともにメディアに載せられて全国に広がりました。病床にあってなお、独歩の人間的な魅力が引き寄せたドラマに迫ります。

「没後110年 国木田独歩、茅ヶ崎ですごした最期の141日」の概要

開催期間 2018年4月14日 〜 9月30日
時間 10時~18時(入館は17時半まで)
場所 茅ヶ崎ゆかりの人物館
料金 200円(開高健記念館との共通観覧券は300円)※18歳未満および高校生以下無料
アクセス コミュニティバスえぼし号「開高健記念館」すぐ
主催・協賛団体など 【主催】茅ヶ崎市 【協力】田山花袋記念文学館、一般社団法人南湖荘、茅ヶ崎館、公益財団法人徳富蘇峰記念塩崎財団、中島礼子(元・国士舘大学教授)、大島英夫(茅ヶ崎市史編集員)、国木田独歩没後110年茅ヶ崎実行委員会
TEL 0467-81-5015
お問い合わせ先 茅ヶ崎ゆかりの人物館
ウェブサイトURL http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/bunka_rekishi/1020607/