トールペイント教室

アトリエ RACKHAM アトリエ ラッカム

店舗詳細

気軽に、自由に「創作」を楽しむトールペイント

木製のプレートや小物、ブリキ、布製品といった様々な素材に、絵筆を使って巧みに模様を付けていく「トールペイント」の教室。
初めは用意された下絵に色塗りをしていくところからのスタートなので、「絵は全くの未経験」「学校の授業以来」という人でも“塗り絵感覚で”取り組んでいけるという。

教室はいつも和気あいあい。日々個性的な作品が生まれています

講師はトールペイント作家歴20年以上の正村さちこ先生。
教室は先生の自宅兼アトリエで、いつも和気あいあいとした雰囲気の中、一人ひとり自分のペースで作品作りに取り組んでいるのが特徴だ。
2年に1回開催する作品展も「励みになる」と好評とか。

初心者から上級者まで、どんどん新しいことにチャレンジできます!

「上達すると、下絵から自分で制作したり、より凝った図案に挑戦、時間をかけての”大作”に取り組んだりと、創作の幅を広げていける点もトールペイントの大きな魅力。
モチーフもお花、動物、好きなキャラクター、和風の図柄など、自由に好きなものを描かれていますよ。ぜひ、あなたの発想で素敵な作品を作ってみてくださいね!」(正村先生)

絵本「圓明寺の孝行犬」の絵を担当しました

静岡県三島市のお寺「圓明寺」(えんみょうじ)には、江戸時代から伝わる「孝行犬」のお話があります。
お寺に住み着いていた母犬と子犬5匹の親子の物語で、母は子を思い、子は母を思い支え合う。そしてそんな犬たちをお寺の住職様や町の人びとが温かく見守るという、とてもやさしさに満ちたお話です。

この度、この逸話が絵本になりました。2018年1月16日に出版され、同寺で購入できる他、市内保育園や小学校にも寄贈されています。
機会があればぜひ、お手に取ってみてください。

「郷土の昔話:静岡県三島市 圓明寺の孝行犬」
制作:孝行犬絵本制作委員会
絵:正村 さちこ
デザイン・監修:関 聡子
制作総括:鈴木 克彦
印刷:(株)三島印刷
発行:圓明寺

講師プロフィール

講師:正村さちこ

茅ヶ崎市在住
1993年 トールペイントを習う
Fairy(妖精)や動物をモチーフにしたファンタジーペイントを得意とする。
現在アトリエRACKHAMにて教室を開講中

「私自身、雑誌で見かけて『可愛いな』と思ったのがトールペイントとの出会いです。
絵が全く描けない、自信がないという方でも大丈夫。
上手くなっていくとどんどん『描きたいもの』が広がっていきます。
作品を見たご家族やお友達に、びっくりされるかもしれませんよ。
お絵描きを楽しみましょう! ご興味ある方は、ぜひ気軽に体験にお越しくださいね」

2年に1度、作品展を開催します

アトリエ RACKHAMでは、2年に1回、生徒さん達の成果を一堂に展覧する作品展を実施しています。

2018年1月には第4回となる「アトリエRACKHAM 講師と生徒による作品展IV ~夢の轍2018~」を開催。
展示作品はなんと100点以上!
とても見ごたえのある作品展になりました。

店名

トールペイント教室 アトリエ RACKHAM アトリエ ラッカム

所在地茅ヶ崎市幸町(茅ケ崎駅徒歩4分・詳細は要問合)
電話番号080-3021-4500
営業時間12時~16時
定休日毎週火曜、水曜開催
メールfrisky-scopion.325@softbank.ne.jp