藤澤浮世絵館展示「北斎と北斎派の江の島」

藤沢市藤澤浮世絵館は、「北斎と北斎派の江の島」を開催いたします。

最も有名な浮世絵師と称される葛飾北斎は、天才的な画の技術のみならず、多くの絵師に影響を与えたことでも知られています。今回の展示では、北斎と、その弟子である魚屋北渓(ととやほっけい)、柳々居辰斎(りゅうりゅうきょしんさい)、昇亭北寿(しょうていほくじゅ)などの絵師が描いた江の島を企画展示コーナーにて特集します。
北斎作品は、名品「冨嶽三十六景」のうち「相州七里ガ浜」のほか、「北斎漫画」や読み本(江戸時代の小説)の挿し絵なども出品します。

東海道五十三次コーナーでは、歌川広重の東海道作品の通称「人物東海道」シリーズより前回の展示に引き続き見附(静岡県)から京三条までを展示します。藤沢宿コーナーでは、お正月の風物詩である双六の作品や、二代広重の東海道風景作品を展示します。江の島コーナーでは江の島弁才天が描かれた浮世絵と江戸期の弁才天の御札などの資料も展示します。

【主な展示作品・展示点数】
1.東海道五十三次コーナー…歌川広重「五十三次」(人物東海道)シリーズより見附~京三條までのうち計28点
2.藤沢宿コーナー…二代歌川広重「東海道五拾三駅 藤沢」ほか計7点
3.江の島コーナー…月岡芳年(つきおかよしとし)「芳年武者无類 遠江守北條時政(ほうねんむしゃむるい とおとうみのかみほうじょうときまさ)」、歌川国芳「七婦久人(しちふくじん) 弁天」ほか計15点
4.企画展示コーナー…葛飾北斎「冨嶽三十六景 相州市千里浜」、魚屋北渓「江島記行 下宮」ほか計20点
……総計70点

  • 開催日2017年12月22日 (金)~ 2018年2月18日 (日)
  • 時間10時~19時(入館18時半まで)、月曜休館(祝日、振替休日の場合は翌平日)
  • 場所藤沢市藤澤浮世絵館
  • アクセス辻堂駅北口徒歩5分
  • 料金無料
  • 主催・協賛団体主催:藤沢市、藤沢市教育委員会
    後援:神奈川新聞社、株式会社ジェイコム湘南、湘南エフエム放送株式会社
  • 関連サイトhttp://fujisawa-ukiyoekan.net/
  • TEL0466-33-0111
  • TEL0466-33-0111
  • お問い合わせ藤沢市藤澤浮世絵館
  • 備考【学芸員による見どころ解説】
    2018年2月4日(日)、11時~/14時~(各30分程度)
    申込不要・当日先着順、各回定員40名
  • チラシ チラシ

アクセスマップ

  • 美術
  • 文化