【開高健の自伝から生涯を辿る】「『耳の物語』を読む」展(茅ヶ崎市開高健記念館)

開高健(かいこうたけし・1930 - 1989)は二度、自伝小説への取り組みを行っています。
一度目は38歳の時に出された「青い月曜日」。
そして2度目は55歳の時、音の記憶をたよりに自らの半生を描いた「耳の物語」。
少年時代から学生へ、そして結婚から女児誕生までを描いた「破れた繭」、
壽屋(サントリーの旧社名)入社から芥川賞受賞、ベトナム戦争、そして現在までを描いた「夜と陽炎」の2巻で構成されている長編小説です。

冒頭には執筆の動機として
「考えあぐねて月と年を重ねるうちに、やっと、耳だけはのこされているのではあるまいかと思いあたり、耳から過去をとりだしてみようと思いたった」
と記されています。

今回は、同作品の直筆原稿、関連資料を紹介しながら、氏がどのように自身の半生を再構築したか深掘りしていきます。

  • 開催日2018年4月14日 (土)~ 2018年9月30日 (日)
  • 時間10時~18時(入館は17時半迄)
    ※金曜、土曜、日曜、祝日開館(臨時休館有)
  • 場所茅ヶ崎市開高健記念館
  • アクセス茅ケ崎駅南口よりコミュニティバス「開高健記念館」下車すぐ
  • 料金各館観覧料200円・「茅ヶ崎ゆかりの人物館」との共通観覧料300円 (18歳未満・高校生以下無料)
    ※茅ヶ崎ゆかりの人物館では「没後110年 国木田独歩、茅ヶ崎ですごした最期の141日」を開催中⇒
  • 関連サイトhttp://kaiko.jp/kinenkan/
  • TEL0467-87-0567
  • TEL0467-87-0567
  • お問い合わせ茅ヶ崎市開高健記念館
  • 備考茅ヶ崎ゆかりの人物館・茅ヶ崎市開高健記念館 Facebook
  • チラシ チラシ

アクセスマップ

  • 文化