第7回 茅ヶ崎映画祭

今年で7回目を迎える「茅ヶ崎映画祭」。
明治の頃から平成に至るまで、歌舞伎・演劇・文学・映画・音楽と、
世代やジャンルを越えて、古いものと新しいものが影響し合いながら共存し、
新たな文化を生み出してきた海辺の街、茅ヶ崎。
これからも映画監督や俳優、制作に携わる人が次々と生まれるように、と願い
「街と人がつながる、手作りの映画祭」をコンセプトに有志で作り上げてきたイベント。

映画館だけでなく、ギャラリーで、カフェで、国指定の有形文化財で。
既成概念にとらわれることなく、“茅ヶ崎らしい”映画の楽しみ方でご鑑賞を。

【今回の見どころ】
「リバースダイアリー」
6月22日(金) 19時~ イオンシネマ茅ヶ崎※6月9日より劇場およびオンラインで販売
茅ヶ崎在住の園田新監督がオリジナル脚本、製作、編集を手がける。
必然的に出会った2人の男女が織りなすサスペンス。各地の映画祭で話題沸騰!

「ハチミツとクローバー」
6月21日(木) 19時~ 茅ヶ崎館※事前予約制。FAXまたはメールにて
「ハチクロ」の呼び名で親しまれている羽海野チカの漫画が原作の作品。茅ヶ崎海岸と
茅ヶ崎館でロケーションが行われた、美大生たちの錯綜する青春ストーリー。

  • 開催日2018年6月9日 (土)~ 2018年6月24日 (日)
  • 時間各作品によって異なります。「茅ヶ崎映画祭」サイトのPDFパンフレットをご覧ください。
  • 場所茅ヶ崎市コミュニティホール、イオンシネマ茅ヶ崎、ブランディン、茅ヶ崎館、ハスキーズギャラリー、茅ヶ崎市勤労会館 他
  • アクセス「茅ヶ崎映画祭」サイトのPDFパンフレットをご覧ください。
  • 料金無料~1,800円
  • 関連サイトhttp://chigasaki.cinema-festival.com/
  • TEL090-3219-7963
  • TEL090-3219-7963
  • お問い合わせ茅ヶ崎映画祭実行委員長 森 浩章
  • 備考各作品によって、会場、日時、料金、お申し込み方法が異なります。「茅ヶ崎映画祭」のサイトをご確認ください。

アクセスマップ

  • 文化
  • イベント
  • その他