食べる

買う

美容健康

暮らし
現在の
登録数
314
follow me
LINE
ホーム » イベント情報 » 第8回読書会(書評哲学カフェ) ~「死と生きる 獄中哲学対話」

第8回読書会(書評哲学カフェ) ~「死と生きる 獄中哲学対話」

0


長谷川書店読書お楽しみ企画

【哲学カフェとは?】
市民がカフェや公民館などに集まって、様々なテーマについて対話する場・実践。1992年パリで生まれました。
第8回のテーマは…

ひとはいかにして己と出会い、善く生きはじめるのか

課題本:池田晶子+陸田真志 著
「死と生きる 獄中哲学対話」

死刑囚と女性哲学者が塀の中と外で交わした往復書簡を読みます。
取り上げる箇所は、陸田1通目(以下、数字のみ)、陸田2、池田3、陸田8、池田5、池田6、池田7、陸田12、池田9、池田10を予定しています。
文中の哲学用語は適当に読み流して構いません。
(課題本には、センシティヴな内容が含まれます)

【ファシリテーター (進行役)】
“月子” cafe la Société(カフェ・ソシエテ)管理人

大学時代は英文学専攻だったが、ある日「文学の問題はすべて哲学の問題だった!」と気付き、大学院に入って哲学を学ぶ。現在は「社会に生きる哲学」を目指して、研究会に参加したり、また自らも実践するなどして日々研鑽中。

★お願い★
課題本は、上記指定箇所を読んできてください
・ファシリテーター(進行役)も含め、「知識」を披露する場ではありません。ご自身の「考え」、「経験」を元に語り合いましょう!

「第8回読書会(書評哲学カフェ) ~「死と生きる 獄中哲学対話」」の概要

開催日 2022年1月29日(土)
時間

13時半~15時半

場所

長谷川書店ネスパ店 6Fギャラリー

料金

参加費2,000円 (課題本:池田晶子+陸田真志 著「死と生きる 獄中哲学対話」新潮社 を含む)
※上記課題本を既にお持ちの方は、税込1,000円以上の書籍・雑誌のお買い求めにてお申込みいただけます

参考図書:
プラトーン「ソークラテースの弁明/クリトーン/パイドーン」(新潮文庫 新潮社)

アクセス

茅ヶ崎駅北口交番隣・ネスパビル6F

主催・協賛団体など

主催|長谷川書店
協力|新潮社

TEL 0467-88-0008
お問い合わせ先

長谷川書店ネスパ店

ウェブサイトURL http://www.shonan-sh.jp/shop/books-hasegawa
備考

【お申し込み方法】
店頭にてお申込書を入手、記入の上、上記参加費と共にお申し込みください。
※お電話などで仮申し込みもできます。お名前、ご住所、お電話番号をお知らせください
support@book-hasegawa.co.jp