食べる

買う

健康美容

暮らし
現在の
登録数
319
follow me
LINE
ホーム » イベント情報 » 善行雑学大学第268回「鎌倉幕府宿老御家人から見た『義時』政権」

善行雑学大学第268回「鎌倉幕府宿老御家人から見た『義時』政権」

0


講師:伊藤 一美氏 (鎌倉考古学研究所理事)

北条義時の評価は戦前と戦後では大きく異なる。
それは尊氏と義貞の評価にも等しいほどであった。
すなわち、天皇を廃立して三上皇をも島流しにするという「大挙」をなした人物として考えられてきたからである。

だが、こうした政治処断を彼一人が個人でできるものではないはずである。
当時の政治社会に置き直してみれば、彼が育ってきた時代は、カリスマ将軍頼朝が突然死し、頼家・実朝という源家将軍最後の時代であった。その背後には、東国武士の「意思」を、どのように「政治意識」として吸い上げ、「具現化」していくか、その厳しい「観察者」たちの「眼」があったといえるのではないだろうか。

「観察者の眼」とは、つまり、大多数の御家人らの「眼」であったのだ。「反乱者」政権朝廷・摂関家権力にその実力を認めさせ、東国政権として相対化させた、その原動力は決して「義時」個人ではない。
こうした意味から、鎌倉政権が奇しくも創造した「宿老」集団こそ、その原動力であったと考えている。
それはまた体制内に多くの「矛盾」をも持ち込むこととなったのである。

「義時」はその時代の代表に祭り上げられたと言えるだろう。その張本人は、鎌倉幕府の有職奉行人たち、すなわち「吾妻鏡」の編纂官たちであったのだ。と妄想する。

このイベントは終了しました

「善行雑学大学第268回「鎌倉幕府宿老御家人から見た『義時』政権」」の概要

開催日 2021年9月19日(日)
時間

14時~16時

場所

善行公民館 3F 多目的ホール

料金

資料代500円

アクセス

小田急線善行駅西口徒歩3分

主催・協賛団体など

主催/善行雑学大学
後援/藤沢市教育委員会

TEL 0466-82-0517
お問い合わせ先

善行雑学大学 宮田英夫さん

※新型コロナウイルス対策で会場の定員が80名のため、参加希望の方は事前にお問い合わせください。

ウェブサイトURL https://zengyo-zatsugaku.jimdofree.com/
備考

【次回のお知らせ】
善行雑学大学第269回講座「三菱のあゆみ~ゆるぎない理念・たゆみない進化」
日時:2021年10月17日(日)  14時~16時
講師:村橋 俊樹氏 (三菱経済研究所常務理事)