食べる

買う

美容健康

暮らし
現在の
登録数
310
follow me
LINE
ホーム » 店舗ブログ » 日本一古い飲食店 その2

日本一古い飲食店 その2

投稿日:2022年8月25日
DSC00040
1+


さて、ここで不思議に思ったのは、お金です。お店で何かを食べたら、何かを払わなければなりません。
ただ、飛鳥時代以降、富本銭、和同開珎、皇朝十二銭と、貨幣が発行されましたが、あまり使われなかったというのです。つまり、硬貨(10円だまなど)があまりないのです。
じゃあ代わりのものは何でしょうか。
布地だと、細かく切っていては使い道が限られてしまいます。何か別のものといえば…お米です。当時は貴重品だったといいます。小さな布の袋に入れれば、持ち歩くこともできます。
布袋にお米を入れて神社にお参りする。そんなこともあったかもしれません。
じゃあ、おさいせんはどうしていたのでしょうか。
ゼニがあまりないのですから…わかりません。地元の野菜だったり、アワやヒエなどの雑穀だったかもしれません。雑穀は、とうもろこしのように、実がついたままなら奉納できたと思います。

ちなみにアワやヒエを今の日本で見かけたことはありませんが、当時は栽培されていたようです。

「拓伸塾」の最近のブログ

店舗のご案内

小中学生・個別対応学習 拓伸塾
語学・学習塾

住所:茅ヶ崎市松が丘2-11-26
営業時間:小学生(月~金)16:00~18:10
中学生(月~金)19:10~21:05
お問い合わせは15:00~21:00
定休日:日曜休校