2013年8月19日

骨を見る、あと虫

【骨を見る、あと虫】

先日、企画展「骨を読む~脊椎動物入門~」の取材のため「日本大学生物資源科学部博物館」(藤沢市亀井野)にお邪魔してきました。 タイムズ記事はコチラ
 
大学の中に博物館があるなんて、皆様ご存知でしたか? 私は話だけは聞いていて、いつか行ってみたいと思っていたところなのでこの度の取材は渡りに船。わくわくしながら行ってみると、こんな楽しいことが仕事でいいのかと申し訳ないくらいに楽しかったので、生き物好き、特に生き物の“骨”好きの方には一も二もなく強くお勧めしたい企画展でした。
 
bone04.png
私のお気に入りはコチラ。サイです。ご覧の通りの格好よさ。トリケラトプスっぽいですね。あっちは爬虫類、こっちは哺乳類なのにおんなじように角があるなんて不思議ですね。脊椎の突起、肩の骨ががっしりとしていていかにも強そうです。
同学部卒業生の友人(博物館の存在を教えてくれた人物)曰く、ミスチルのベストアルバム「Mr.Children 1996-2000」(通称「骨」)のジャケットに写っているのは“彼”なのだとか。こんな地元で、実際に会えるなんて不思議な気分です。
 
 
bone12.jpg
象の骨。写真じゃ伝わりきらないのですが本当にデカイ! 前に立つと圧倒されます。ゾウの骨をまだ見たことない、という方には是非見てほしいです。
ゾウの持つ迫力と威厳、そして生きていたころの優しさが感じられます。
タイのムエタイ映画「トムヤムクン!」をご覧になったことのある方は、あの衝撃的なオチに思いを馳せてもいいでしょう。
 
bone03.png
これは何?クジラです! なにしろデカイし(そればっか)、この、地上ではありえない造形、かっこいい!博物館では近くに階段があって、このように上から見下ろすことが出来ます。海の生き物は骨と骨のジョイントが緩く、なめらかに動き、泳ぎやすくなっているそうです。
bone13.jpg
お腹の下辺りに、何だか針金で吊られている骨が2つ。これは退化していった骨盤の名残で、どことも接続せず、筋肉に埋もれて存在しているのだとか。
想像してみると邪魔そうに思えますが、出産の際には役に立っているそうです。赤ちゃんを支えているんでしょうか。
 
本当はラクダとかイルカ、海ガメ、馬、豚、もう全てが見所でしたが長くなりすぎるのでやめておきます。
 
<この下、虫の話と写真です>
 
更に、骨以外にも生きているミツバチの巣を観察出来たり、世界のキレイな蝶、藤沢の虫たち(合わせて約1,300種)の標本見られるコーナーも(こちらは常設)。
bone10.jpg bone11.jpg
(写真左=ミツバチ達は箱から伸びている管を通って、外に蜜を探し行きます。忙しそうに出て行ったり、帰ってくる様子が可愛い)
 
これだけ充実していて、無料とは凄い!
夏休みもあと1週間強といったところですが、お父さん、お母さん、是非お子さんと一緒に行ってみてください。
仕事でなければ私は一日中出てこないところでした。(や)


「フジサワ中央」が帰ってきた!... 地元・茅ヶ崎の企業を就職先の...

■アーカイブ

2018年
6月   5月   4月   3月   1月   

2017年
12月   11月   9月   8月   7月   6月   4月   3月   2月   1月   

2016年
12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月   

2015年
12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月   

2014年
12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月   

2013年
12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月   

2012年
12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   

2011年
12月