自家焙煎

自家焙煎 極楽寺珈琲豆店 ゴクラクジコーヒーマメテン

店舗詳細

当店は「中深煎り」がメインです。

「中煎り」も一部ございます。
「深煎り」は注文焙煎のみとさせていただきます。

「水研ぎ焙煎」(生豆の水洗浄)

焙煎直前に生豆表面を水でしっかりと研ぎ、土埃やシルバースキン(薄皮)を除去しています。雑味のないすっきりとした味をお楽しみいただけます。コーヒーが苦手な紅茶派の方からも受け入れられ、今ではすっかりコーヒーの美味しさに目覚めた方が沢山いらっしゃいます。

特典があります。

お一人様200g以上のご購入で「本日のコーヒー」を一杯無料でお淹れします。「本日のコーヒー」の銘柄は店舗ブログに記載しております。
500g以上のご購入で7%引き、1kg以上で15%引きいたします。但し、ドリップバッグコーヒーは割引き対象から除外させていただきますので予めご了承ください。

水研ぎ焙煎(コーヒー生豆の水洗浄)

 焙煎直前の生豆水洗浄には賛否両論があります。「洗うと風味となる成分が流失する」との否定的な意見もありますが、当店で繰り返し検証したところ、一部の銘柄を除いて水洗している豆の方がしていない豆に比べ、「香味を損なうことなく、まろやかでクリアー、雑味の無い抜群な切れ味」との結果が得られました。
 コーヒー生豆は、最高品質のものでも輸入されたそのままの状態では土埃などが表面に付着しています。さらに、生豆の表面はシルバースキンと呼ばれる薄皮で覆われており、これが雑味の原因の一つとなります。
 当店は、有機栽培のデカフェを除いて、焙煎直前に全ての生豆を手際よく且つしっかりと綺麗になるまで研いでいます。この工程を行うことで、「欠点豆」(青カビや虫食いなど)が見つかりやすくなるという大きなメリットもあります。
 洗浄後は素早くしっかりと水気を拭き取り送風機で乾燥させます。

脱酸素剤封入パック

 焙煎豆は焙煎直後から炭酸ガスを放出します。当店では、焙煎したコーヒー豆を数日間ガス抜きさせた後、ガスバリア性の高いアルミ蒸着袋に入れ、脱酸素剤(酸素のみを吸収するタイプ)を封入することにより無酸素状態にして品質を保持しています。アルミ蒸着袋は、炭酸ガス放出継続を考慮し、焙煎豆 100g に対し 200g用を使用しています。
 アルミ蒸着袋が膨らんでいる場合がありますが、焙煎豆から発生する炭酸ガスによるもので劣化とは関係ありませんのでご安心ください。

コーヒー農園の視察

2017年11月6~12日までの間、ハワイ島コナ地区のコーヒー農園を訪問しました。写真は、コナコーヒーベルト中央部に位置し、160エーカーの広さを持つ、Hawaiian Queen Coffee 農園 です。同農園の日本総代理店オールネクスト株式会社 杉田社長にお連れ頂いただき、視察することが出来ました。海を見下ろす広大な畑に葉をピカピカ光らせたコーヒーの木々が元気に育っています。真っ赤に完熟した実を一つ含むと口中に心地よい甘みが広がりました。コーヒーの木は手入れが良く行き届いており、衛生的な精製設備が整っていました。

コーヒー生豆の保管

生豆は空気に晒され続けることにより酸化し、次第に風味を落としてしまいます。
当店は、生豆を入手すると酸素や湿気から守るため、小分けを行い、防湿性とガスバリア性に優れている KOP/CPP 袋に移し替え、脱酸素剤を封入して完全密閉し、低温貯蔵庫で保管します。

2017年12月より、ドリップバッグコーヒー「極楽寺の散歩道」が新しくなりました!

当店の一番人気商品である「極楽寺の散歩道」は、生豆水研ぎ・焙煎・配合(アフターミックス)まで当店が行い、粉砕・充填加工は専門工場が行っています。
コーヒーを粉砕するにあたり、大変重要なことは、粒度の均一化と粉砕時の摩擦熱による劣化をいかに抑えるかにあります。
常に品質向上にこだわり続けてまいりましたが、この度、高精度の粉砕装置(グラニュレーター)を導入している専門工場に委託が可能となりました。
結果、粒度の均一化が大幅に向上し、且つ微粉が激減したお陰で、風味の輪郭と切れ味が更にレベルアップしました。
なお、価格の変更はありません。

店名

自家焙煎 自家焙煎 極楽寺珈琲豆店 ゴクラクジコーヒーマメテン

所在地〒248-0023 鎌倉市極楽寺2-11-4
電話番号0467-24-7398
FAX番号電話番号と同じ
営業時間9時半~15時半
定休日木曜
HPhttp://www.shonan-sh.jp/shop/gokurakujicoffee
メールgokurakujicoffeemameten@yahoo.co.jp
駐車場無(近隣にコインパーキングあり)
備考事前予約も承ります