食べる

買う

健康美容

暮らし
現在の
登録数
338
follow me
LINE
ホーム » イベント情報 » 4つの登録有形文化財が語る近代の茅ヶ崎

4つの登録有形文化財が語る近代の茅ヶ崎

旧氷室家住宅主屋


講師=水沼淑子先生(関東学院大学教授)

平成30年11月2日付で、中海岸にある旧氷室家住宅主屋が国登録有形文化財に登録されました。これを受けて、国登録有形文化財についての講演会を開催します。
市内にある4つの国登録有形文化財「茅ヶ崎館」「藤間家住宅主屋」「旧南湖院第一病舎」「旧氷室家住宅主屋」から近代の茅ヶ崎を紐解いていきます。

【国登録有形文化財って?】
原則として建築から50年を経過したもので、国土の歴史的景観に寄与しているもの、造形の規範となっているもの、再現することが容易でないもの、など一定の評価を得たものを、保存と活用するための措置として国が文化財登録原簿に登録するものです。
平成30年11月2日、「旧氷室家住宅主屋」がしないで4つ目となる国登録有形文化財に登録されました。

このイベントは終了しました

「4つの登録有形文化財が語る近代の茅ヶ崎」の概要

開催日 2019年1月26日(土)
時間

14時~16時

場所

「茅ヶ崎市立図書館」2F 第1会議室

料金

無料

アクセス

茅ケ崎駅南口徒歩5分

主催・協賛団体など

茅ヶ崎市教育委員会 社会教育課

TEL 0467-82-1111
お問い合わせ先

茅ヶ崎市教育委員会 社会教育課

ウェブサイトURL http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/