食べる

買う

健康美容

暮らし
現在の
登録数
316
follow me
LINE
ホーム » イベント情報 » 藤沢市アートスペース 令和2年度 企画展I「修復作品公開 長谷川路可 よみがえる若き日の姿」

藤沢市アートスペース 令和2年度 企画展I「修復作品公開 長谷川路可 よみがえる若き日の姿」

藤沢市アートスペース 令和2年度 企画展I「修復作品公開 長谷川路可 よみがえる若き日の姿」


藤沢市アートスペース(通称FAS<エファース>)で2020年7月11日(土)~9月27日(日)、令和2年度 企画展I「修復作品公開 長谷川路可 よみがえる若き日の姿」が開催されます!
藤沢市ゆかりの画家・長谷川路可の市所蔵作品が修復され、公開されます。

 

【同展のみどころ】

①長谷川路可の知られざる若き日の姿を紹介!

1921-1927年のヨーロッパ留学期間の足取りから、エコール・ド・パリの寵児
藤田嗣治との関係や、岡倉天心「茶の本」の挿絵のしごと、博物館での模写の
苦労話など、知られざる路可の姿をご覧いただけます。

②長谷川路可の市所蔵作品6点を修復後初公開!

多彩なジャンルの作品を手掛けた路可の日本画、油彩画、フレスコ画を修復。
作品を後世に伝えるための修復の意義と方法をお伝えします。

③国立競技場のモザイク作品 保存の舞台裏!

1964年の東京オリンピックが開催された時代を反映するレガシーとして、旧国立競技場から新しい国立競技場に移設された一対のモザイク壁画 《勝利》(野見宿禰像)と《栄光》(ギリシャの女神像)。
巨大な壁画を分割して切り出した後、新たな場所に設置するまでの工程を紹介します。

 

「藤沢市アートスペース 令和2年度 企画展I「修復作品公開 長谷川路可 よみがえる若き日の姿」」の概要

開催期間 2020年7月11日(土) 〜 9月27日(日)
時間

10時~19時(入場は18時半まで)
<休館日>月曜日
※ただし8月10日、9月21日は開館、8月11日(火)は休館

場所

藤沢市アートスペース(愛称 FAS=エファース) 展示ルーム1、2

料金

無料

アクセス

辻堂駅北口徒歩5分、ココテラス湘南6F

主催・協賛団体など

【主催】藤沢市、藤沢市教育委員会
【協力】
長谷川路可記念会、独立行政法人日本スポーツ振興センター、株式会社丹青社、公益財団法人藤沢市みらい創造財団、一般社団法人藤沢市開発経営公社
【後援】神奈川新聞社、ジェイコム湘南・神奈川、レディオ湘南

TEL 0466-30-1816
お問い合わせ先

藤沢市アートスペース

ウェブサイトURL http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/bunka/FAS/
備考

新型コロナ感染防止のため、会期・内容が変更になる可能性があります。
最新の情報・詳細はFASのWEBサイトをご覧いただくか、FASへ直接お問い合わせください

【同時開催】
企画展Ⅱ「大山エンリコイサム SPRAY LIKE THERE IS NO TOMORROW スプレイ・ライク・ゼア・イズ・ノー・トゥモロー」