食べる

買う

美容健康

暮らし
現在の
登録数
310
follow me
LINE
ホーム » イベント情報 » 没後50年 川端康成展 虹をつむぐ人

没後50年 川端康成展 虹をつむぐ人

0


2022年10月1日(土)~11月27日(日)、県立神奈川近代文学館にて「没後50年 川端康成展 虹をつむぐ人」が開催されます。

「伊豆の踊り子」「雪国」「千羽鶴」「山の音」などで知られるノーベル賞作家・川端康成(1899~1972)。没後50年となる現在も多くの著作が読まれ続けている、日本を代表する文豪のひとりです。1935(昭和10)年以来、終生鎌倉に暮らし、晩年には逗子に仕事場を持ちました。
日本の美を描いた作家というイメージが強い川端ですが、初期には〈新感覚派〉の一員として先鋭的な作品で注目され、長い作家生活のなかで、評論、ドキュメンタリー、中間小説、少年少女小説など、幅広いジャンルの作品を手がけました。変幻自在な筆でつむいだその物語は、驚くべき多様性・多面性に満ちています。また川端は、日本ペンクラブの会長を17年間務めるなど、多くの文学団体で中心的役割を担った文壇人でもありました。本展では、貴重資料の数々とともに、〈川端文学〉、そして〈人間・川端康成〉の豊潤で多彩な世界をご紹介します。

このイベントは終了しました

「没後50年 川端康成展 虹をつむぐ人」の概要

開催期間 2022年10月1日(土) 〜 11月27日(日)
時間

9時半~17時
※入館は16時半まで
※月曜休館(10月10日は開館)

場所

県立神奈川近代文学館(横浜・山手 港の見える丘公園内)

料金

一般:800円、65歳以上・20歳未満および学生400円、高校生:100円、中学生以下は無料

アクセス

みなとみらい線「元町・中華街」駅6番出口から徒歩約10分

主催・協賛団体など

【編集委員】荻野アンナ
【主催】県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
【特別協力】公益財団法人川端康成記念会
【協力】茨木市立川端康成文学館、公益財団法人日本近代文学館

TEL 045-622-6666
お問い合わせ先

県立神奈川近代文学館

ウェブサイトURL https://www.kanabun.or.jp/