食べる

買う

健康美容

暮らし
現在の
登録数
319
follow me
LINE
ホーム » 店舗ブログ » ドリップバッグコーヒー「極楽寺の散歩道」の淹れ方(2021年7月28日)

ドリップバッグコーヒー「極楽寺の散歩道」の淹れ方(2021年7月28日)

投稿日:2021年7月28日
極楽寺の散歩道
5+


商品外装袋の裏面に一般的な淹れ方の簡単な説明がありますが、ひと手間かけることで雑味を抑えることが出来ます。当店がオススメする淹れ方は以下の通りです。

1.ドリップバッグの左右のフックを広げてカップに掛け、中のコーヒー粉を平らにします。
(カップはマグカップのほうが使いやすい。カップは前もって温めておく。)

2.湯をゆっくりと注ぎ、表面の全体が濡れるようにします。茶色の液体(抽出液)が垂れ始めたら、湯を止めてそのまま20秒ほど放置(蒸らし時間)しておきます。
(湯温は85℃くらいがお勧め。沸騰したてのお湯は、湯温が高過ぎるため苦みや雑味が出てしまう。)
3.蒸らし終えたら、お湯を少しずつゆっくりと、ドリップバッグの真ん中辺りを狙い、フィルターに直接お湯がかからないように注意して注ぎます。

4.カップの中に抽出液が50mlほど溜まったら、(最後まで落とし切らないで)素早くドリップバッグを外します。(抽出の初期段階でコーヒーの旨味成分が殆ど出てしまい、その後はエグ味、渋み等の雑味が多くなる傾向がある。ドリップバッグに残っているお湯や泡を最後まで落とし切ることは雑味の原因となる。)

5.抽出液を適量のお湯で割り、好みの濃さに調整します(濃く淹れて薄めて飲む)。
(因みに当店では80mlのお湯を加え、合計130mlに仕上げている。)

 

<詳細>

生豆生産国名: エルサルバドル、グアテマラ、ブラジル
配合方法: 上記3種類の生豆を個別に焙煎した後、焙煎豆の状態で混合・調合。
(コーヒー業界では「アフターミックス」とか「post-roast blend」と呼ばれる)
焙煎度: 中深煎り
内容量: 12g
挽き方: 中細挽き
賞味期限: 製造日より12ヶ月(商品に表示)
税込価格: 1個 180円、10個入り徳用袋 1700円
備考: 1. このドリップバッグコーヒーは、当店が「生豆の水研ぎ、焙煎、焙煎豆配合・混合」まで行い、「焙煎豆粉砕、窒素充填加工」は株式会社セイコー珈琲 黒瀬工場 に委託しております。
2. 生豆の水研ぎは、大変な手間と時間がかかるため、ごくごく一部の零細規模の焙煎屋を除き、世間一般の焙煎では行わず、ドリップバッグコーヒーに対してまでも、生豆の水研ぎを実施しているところは稀有です。
3. 品質重視のため、梅雨・夏季期間を避け、秋から春までの期間限定で製造しています(年間製造数:約1万5千個)。

 

店舗のご案内

極楽寺珈琲豆店
食品・テイクアウト

住所:鎌倉市極楽寺2-11-4
営業時間:予約があるときのみ 09:30 から 15:30 まで営業致します。
(完全予約制につき、予約が無い場合は営業いたしません。)
定休日:不定休
(2日以上の連続したお休みをいただく場合、事前に当ホームページのブログにてお知らせします。)