食べる

買う

美容健康

暮らし
現在の
登録数
314
follow me
LINE
ホーム » 店舗ブログ » 整体法で観る「梅雨時の体」(1)

整体法で観る「梅雨時の体」(1)

投稿日:2020年7月22日
ajisai
2+


おはようございます。湘南整体の上村です。

今年の梅雨はかなり早く開ける予報が出ていたのですが、なかなか開けそうにありませんね。少し遅いのですが、整体法で観る「梅雨時の体」についてお伝えします。

 

・梅雨時の症状

体が重怠い、風邪ではないのに咳が続く、耳鳴り、足腰が重い、ふくらはぎや足指・土踏まずが攣(つ)る、膀胱炎、等々。

実はこれらの症状は、梅雨時によく現れる現象です。

 

・原因は雨期による湿度

冬から春を迎え、さらに夏に向かっていく体は、気温が少しずつ上がっていくのに合わせて、毛穴を広げて発汗が促されてきます。体も緩んできて、熱い夏に備えてくるのですが、その気候変動に待ったをかけるのが梅雨という雨期です。

 

・発汗作業の滞り

どんよりとした日や雨の日が長く続き、非常に湿度の高い状況となるため、体温調整としての発汗作業がうまくいかず、体に水分が残ってしまうため、まるで乾きの悪い部屋干しの洗濯物のような感じで、重怠さが出てきます。

 

・喘息のような咳が続く

この時、整体法では胸椎5番を確認します。ここは汗の出に関係してくるため、この椎骨の動きが鈍いと発汗作業がうまくいきません。

毛穴が塞がれ気味なので、いわゆる皮膚呼吸にも影響が及んできます。そうなると、上体が前にかぶり、胸部を圧迫してくることになり、喘息のような咳が続くのはこうしたことの現れです。

 

・梅雨時の姿勢が耳鳴りを引き起こす

また、こうした姿勢になると頸椎にも影響を与え、特に耳に関係する頸椎4番を圧迫してくるため、耳鳴りなどのトラブル現象を引き起こすことになってきます。

店舗のご案内

元・井本整体認定指導者  湘南整体
整体・カイロ

住所:茅ヶ崎市浜竹3-2-33 リーヴァ 401
営業時間:操法指導:9時~12時
ご予約・お問い合わせ:16時~19時
(操法中や移動時は留守電。お急ぎの場合、折り返しご連絡致します)
定休日:不定休