食べる

買う

美容健康

暮らし
現在の
登録数
310
follow me
LINE
ホーム » 店舗ブログ » 【とこ湘Blog】よいニュース

【とこ湘Blog】よいニュース

投稿日:2020年6月5日
dog_beagle
0


おはようございます! 今日は報道担当の編集部Eです。

二カ月近く前のトピックですが……。皆さまに是非知っていただきたいと思い、取り上げさせてもらいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

世界中で新型コロナウイルスの感染が広がる中、一つの明るいニュースが入ってきた。

 

普段は引き取り手を待つ犬で溢れるアメリカ・フロリダ州にある動物保護施設の一角で、全ての保護犬に里親が見つかり、スペースが空っぽになった。

施設が4月14日にFacebookで報告し、開設以来初めての快挙を喜ぶ職員の動画を投稿した。

動画では、空っぽになった保護スペースにマスク姿の職員らが並び、拍手して喜びを表現している。

投稿は「信じられないぐらい喜ばしいことが今日ありました」と前置きした上で、「パームビーチ郡の動物保護施設史上初めて、3つある犬用保護スペースのうちの1つが空っぽになりました!」と喜んだ。

保護犬の世話や引き受け先を探した施設の職員やボランティアの人、犬の里親になった人たち全てに対して感謝をつづった後、「この勢いを持続させ、良い流れを広げよう!」と投稿した。

施設内には3棟の保護スペースがある。CNNによると、それぞれ48の犬用の部屋があり、通常は各部屋に2頭ずつが保護されているという。

他の棟で保護中の犬や、数匹の猫や馬が未だに里親を探しており、施設は興味がある人は申し込みしてほしいとお願いしている。

CNNによると、アメリカ国内の動物保護施設の多くでは、新型コロナウイルスによる自宅待機中に新たにペットに費やす時間が増えた人たちから、里親の申し込みが急増しているという。

一方で、職を失ったり心を病んだりして、世話ができなくなった人たちのペット放棄が増える恐れもあると指摘している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

記事の通り手放しに喜べない点もありますが、この事実に関して純粋に嬉しい気持ちになりました。

スタッフの方々は、このような日が来るとは思わなかったのではないでしょうか。それだけに、至上の喜びだったと思います。

きっと人は、いつか訪れるこのようなときのために努力をするのでしょう。その過程を支えてくれるのが傍らにいつもいてくれる犬であることも、忘れてはならないと自戒します。

「この世界を思い通りにすることはできないけれど、動物に向ける愛は自分の思うまま」と、ニューヨーク・タイムズに語った女性のメッセージもまた、前向きになれます。

(E)

店舗のご案内

とことこ湘南 編集部
webサービス

住所:茅ヶ崎市新栄町1-14
営業時間:10時~18時
定休日:土曜・日曜・祝日