食べる

買う

美容健康

暮らし
現在の
登録数
310
follow me
LINE
ホーム » 店舗ブログ » 【とこ湘Blog】やっぱり大庭城が好き

【とこ湘Blog】やっぱり大庭城が好き

投稿日:2020年5月26日
ooba01
0


こんにちは! とことこ湘南スタッフYです。

皆様は大河ドラマはご覧になっていますか?
私は毎年欠かさずずっと大河を見ている友人がいて、時折勧められたりもしていましたがこれまで見たことはありませんでした。

忍耐力か集中力か何が欠けているのかはわかりませんが毎週決まって何かを見る、ということが不得意で、見ようと思って録画しても途中で脱落し、延々溜め込んでしまうんです。
内容が面白いとしても同様なので大河のような長いドラマはどうなるか目に見えていると思っていたからです。

とはいえ、今回の「麒麟がくる」は、明智光秀が主役と言うことで見始めたら大河と言うものが結構新鮮で面白く、現在最新話が19話なのですが、後追いで11話まで観ました。
私が歴史上の人物で一番好きなのは織田信長なのですが(昨年末テレビ朝日であった戦国武将総選挙でもぶっちぎりの1位でしたしベタですね)、ドラマでも歴史系のドキュメンタリー形式の特集やバラエティ番組でも、様々なメディアで登場する際、大概本能寺で死んでいるんですよね。
以前誰だったか信長より結構後の時代の主人公の大河でも、何故かキャストに信長の名前があるなと思ったら何故か本能寺のシーンだけは存在していたことがありました。歴史ドラマを見る習慣も無いのに、本能寺で死ぬところだけはやたら見た記憶があり、いつも切なくなります。

今回は光秀が主人公なので年下の信長はまだ10代位の若者として登場していますし、何よりクライマックスに本能寺が持ってこられると思うので、それまで生きているところを見られるのが楽しみです。まあ、一番のクライマックスが見たくないんですけどね!!

そんな訳で最近外出自粛の影響もあってか物欲がおかしなことになり、欲しいと思った本をどんどん買ってしまっています。
特にお城の防衛のための工夫とかを見ているのが凄く楽しくて、今、全国のお城に行ってみたくてたまりません。
今って御朱印みたいな「御城印」が各お城にあるらしく、ネットで検索すると超格好いいです。あれは集めたい!

皆様にちょっとお勧めしたいのがコチラ「歴史群像 2019年6月号」。歴史ジャンルの中でも軍事系がメインの雑誌みたいですし、昨年のバックナンバーなのですが、何故お勧めなのかといいますと…

目次を見てください。

なんと大庭城の特集が掲載されているのです!!

しかも6ページにわたる大ボリューム。
年代の経緯による周辺の勢力図による、何故大庭城が作られたのか、どう使われた可能性があるのかといったことに触れられています。
私としては最初の見開き2Pにどーんと大庭城の推定復元図の鳥瞰図が来ていたのに感動しました。
身近な大庭にこんな大規模な山城が!!
周辺は田畑が広がるのどかな様子で、折角のお城ですが使われない方がいいなと思えてきます(笑)

雑誌の紙面を載せる訳にはいかないのでこれは以前弊社発行のミニコミ紙に掲載した上から見た大庭城マップですが、鳥瞰図でもこの舌状台地に建てられた様子がよく分かるので、逆に「あ、ここは今公園の花見広場になってるなぁ」ということもわかります。
地元民ならではの見方もできるのではないでしょうか。

でも昨年6月、何故大庭城がピックアップされたんでしょうか?
何にせよ大庭城は保存状態や現在推定されている年代的にもかなり貴重な遺構であるのは間違いないので、こうして注目が集まっていけば嬉しい限りだと思う次第です。

(Y)

店舗のご案内

とことこ湘南 編集部
webサービス

住所:茅ヶ崎市新栄町1-14
営業時間:10時~18時
定休日:土曜・日曜・祝日