食べる

買う

美容健康

暮らし
follow me
LINE
ホーム » 店舗ブログ » 【とこ湘Blog】草むらを育てる? 自然観察公園「遠藤笹久保谷公園」

【とこ湘Blog】草むらを育てる? 自然観察公園「遠藤笹久保谷公園」

投稿日:2024年7月4日
sasakubo_04
1+


こんにちは! とことこ湘南編集部Yです。
日記と言いつつ、先月の今頃の話になってしまうのですが…
当編集部では、毎年6月前半頃、地元の高校野球部に取材にお邪魔させていただいております。

昨年はその際、慶應義塾大学湘南藤沢のキャンパスにて、やたらでかいキノコを目撃して大はしゃぎで日記にしていました。
(ただ、残念ながら今年はキノコは目撃できず…。雨が少なかったからでしょうか?)

キャンパスの周辺も自然豊かで、竹林、山林が広がる「遠藤笹久保谷(えんどうささくぼやと)」市内三大谷戸の1つなのだとか。

同地の里山の自然・景観を保全するため、藤沢市では約2.5ヘクタールの土地を整備、「遠藤笹窪谷公園」がオープンしました。

当時に市のリリースでオープンだけは知っていたのですが、まだ訪れたことが無かったため、取材後にちょっと立ち寄らせてもらう事に。

やってきました。平日の夕方、人影はぽつぽつ、といったところ。

6月上旬、同園は花菖蒲の見頃。地元中学校の生徒さんが植え付けを行ったそうで、非常に見事な光景でした。
柵の外から、少し離れたところから覗くように見る感じになるので、望遠のカメラがあればもっと綺麗に撮れたかな、と思います。

 

これだけ自然豊かだと、やはり野鳥も観察できるみたいで…いいなぁ!
「草むらを育てています」って凄く良いですね。「生き物のため、敢えて草を刈っておりません」よりも、生き物への温かいまなざしを感じます。

この日目撃できたのはアメンボぐらい…。でも、絶対色々いるんでしょうね。ゆっくり生き物ウォッチングしたいです。

夕方とは言え強烈な西日で中々に暑く、あまり長居出来ませんでした。
木陰は流石に涼しい! 緑の大切さ、偉大さを身をもって感じます(*^-^*)

ちょっとオフィーリアのような光景。いや、本当にちょっと。

なんでしょうか、この写真、理由は非常に言語化しづらいのですがなんとなくAI生成のCGみたいでちょっと怖いんですが。
何故だろう…被写体が漠然とし過ぎて何を撮りたかったのか、撮影者の意志とか感情が見えないから? 要は私が写真下手すぎるからですか? 実際には存在しない風景のような、何かちょっと不安になる写真です。自分で撮っておいて。

入口近くでお話ししたスタッフさん、お花についても色々教えてくださりとても優しい方でした。

お土産に緑のカーテンの素までいただきました。ありがとうございます!

 

駐車場近くで小さなビワも発見。
ここにも野鳥が来ていそうですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

とことこ湘南(@tokotokoshonan)がシェアした投稿

動画も一応貼っておきます。

いつか、相鉄いずみ野線の新しい駅が出来て、湘南台駅からここまで電車が通るって話がありますよね。
そうなったら、この辺もにぎやかになるのでしょうか?
この人里離れた雰囲気も捨てがたいものがありますが…。
谷戸が貴重な財産として、存在が広まることで益々大切にされていくことを願います。

公園の詳しい情報はコチラ!

【遠藤笹久保谷公園】
神奈川県藤沢市遠藤字中尾4840
・インフォメーション(生物多様性サテライトセンター)
8時半~17時
月曜、祝日の翌日、年末年始休館

・入園無料

◆公共の交通機関をご利用の場合
小田急江ノ島線「湘南台駅」より「慶応大学行き」バス停「慶応大学」下車
慶応大学ロータリーより、徒歩約8分

◆車・バイク・自転車をご利用の場合
一般無料駐車場12台有(園外徒歩2分)
障害者等用無料駐車場4台(園内)
駐輪場28台

⇒公園HP

(Y)

 

 

 

 

店舗のご案内

とことこ湘南 編集部
webサービス

住所:茅ヶ崎市新栄町1-14
営業時間:10時~18時
定休日:土曜・日曜・祝日