食べる

買う

美容健康

暮らし
現在の
登録数
310
follow me
LINE
ホーム » 店舗ブログ » 【とこ湘Blog】「トランヴェール」と過ごす約1時間半

【とこ湘Blog】「トランヴェール」と過ごす約1時間半

投稿日:2020年8月8日
新幹線
0


こんにちは!
長い梅雨が終わったかと思えば、茹だるような暑さに辟易しています。
コラムが2週間も空いてしまいました、土曜担当Tです。

いつもならば、お盆の帰省が始まる頃。
今年は、控える方も多いかと思います。
例にもれず私も今年はステイホームなお盆になりそうです。

 

帰省時の楽しみの言えば、「トランヴェール」です!
JR東日本の新幹線を利用したことがある方であればご存知の車内誌。
座席前のポケットに差し込まれている「トランヴェール」は、「これから実家に帰るのだ」と、里帰りの始まりを告げてくれる存在です。

まず、さっと気になるコラムを読み、一旦閉じます。
軽食を取りながら、もう一冊、JRの通販雑誌「Train Shop」を、買いもしないのに、妄想ショッピングをしながら眺めます。
空腹も収まり、少しウトウト。
最後に、もう一度「トランヴェール」を、今度はじっくりと読み進めます。
降車する仙台までの1時間半はあっという間に過ぎていきます。
(1時間半と言いましたが、これは「はやぶさ」に乗車した場合で、「はやて」や「やまびこ」だと2時間~2時間半かかります。それでも新幹線大分速くなりましたね)

 

好きなコラムは、沢木耕太郎さんの「旅のつばくろ」。
内容は、沢木さんが以前訪れたことのある国内紀行といったところでしょうか。
バックパッカーのバイブル「深夜特急」の沢木さんですから海外のイメージが強かったのですが、
はじめての一人旅は、16歳のころで、東北一周の旅だったとか。

もう一つは、角田光代さんの「みちのく 食の名店に行こう」。
こちらは、東日本大震災の被災地で腕を振るう食の名店に足を運び、食し、語らい、お店のバックグラウンドごと紹介する、グルメルポというよりは、食から見た復興ルポルタージュ。
しかし、コロナ禍で新幹線から遠のいている間に、こちらのコラムはどうやら今年3月で終了してしまったようで残念です。

 

ちなみに、月またぎで帰省する年末年始やゴールデンウイークは、行きと帰りで2カ月分の「トランヴェール」が読めるので、自分的にはちょっと得した気分に。
同じようなカテゴリーで言えば、JALの機内誌「Coralway」やANAの「翼の王国」も読み応えがあります。
毎年、石垣島の友人宅を訪れる際に機内で出会うのを楽しみにしています。今年は行かれませんが(;_;)

 

ブログを書くにあたり調べてみたところ、車内誌も機内誌も、定期購読できるようなのですが、
車内(機内)でのワクワク感を楽しみたいので、今の所、コロナの終息を願うほかありません。
年末年始は、何とか帰れますように!

(T)

※画像はJR「トランヴェール」サイトより
https://www.jreast.co.jp/railway/trainvert/index.html

店舗のご案内

とことこ湘南 編集部
webサービス

住所:茅ヶ崎市新栄町1-14
営業時間:10時~18時
定休日:土曜・日曜・祝日