食べる

買う

美容健康

暮らし
現在の
登録数
310
follow me
LINE
ホーム » 店舗ブログ » 【とこ湘Blog】茅ヶ崎“ロス飯”ファイルvol.2 『タンポポ』の「たまごラーメン」☆

【とこ湘Blog】茅ヶ崎“ロス飯”ファイルvol.2 『タンポポ』の「たまごラーメン」☆

投稿日:2020年5月30日
ラーメン
0


先週土曜より始めた不定期コラム、お店が閉店し、もう二度と食べられない“ロス飯”シリーズ!
《先週のブログはコチラ》

【“ロス飯”閲覧注意事項】
●お店は閉店しております。
●画像が無い場合がございます。
●あくまで個人の意見です。

vol.2『タンポポ』の「たまごラーメン」

“ロス飯”第二回目は、茅ヶ崎の方ならご存知の方も多いと思います。
茅ヶ崎駅南口からすぐの場所にあったラーメン店「タンポポ」ですヽ(=´▽`=)ノ

店内はカウンターのみで、大抵の場合、外に5~6人の行列がありました。
出会ったのは私が大学生の時分です。
後に、今の仕事で取材もさせていただきました。

透き通ったスープは、鶏ガラと豚骨+鯖節と昆布の合せ技だったと思います。
自分史上「すっきりなのにコクがある」のナンバーワン。
麺は細麺、塩味はやや強め。
このような、中華そば的なラーメンが、私は大好きです。

どこか、故郷のラーメンに近いものもあり、ラーメンが食べたい時は、必ずと言っていいほどタンポポ。
「たまごらーめん」は、通常のラーメンに煮玉子が乗っているものですが、
この煮玉子が“固茹で”なところも好みで、自分との相性の良さを感じずにはいられませんでした。

 

こちらのお店には、もう一つ名物があり、実は私は一度も食したことが無いのですが、
「タンポポといえば・・・タンポポチャーハンでしょ」と言う方が多いそうです。
チャーハンに大きな豚バラチャーシュが、でーん!! と乗ったもの。
今でしたら、“映え”でインスタを賑わせていたことでしょう。

 

後日談。
お店が閉店し、しばらくしてから、取材で、辻堂駅西口北側エリアにオープンしたラーメン店「そばじん」さんを訪れた時のこと。
「チャーハンがちょっと特徴あります。茅ヶ崎の方だったらピンとくるじゃないかな~」と言われ、
タンポポチャーハンと再会することと相成ります。
タンポポに勤めていた方が、こちらの厨房で腕をふるっていらっしゃるとのことでした。

 

長くなってきましたが、最後にもう一つ。
「タンポポ」という店名は、ご存知伊丹十三監督の映画「タンポポ」が由来と聞きました。
売れないラーメン屋を立て直すコメディ映画。
主演は言わずもがな、俳優の山崎努さんと宮本信子さんです。

 

今回の画像は、フリー素材で近しいものがあったので拝借しました。
煮玉子は丸々入っていたのでちょっと違います。
一応、私も描いてみました(^_^;)

ラーメン

それでは、また!
(T)

店舗のご案内

とことこ湘南 編集部
webサービス

住所:茅ヶ崎市新栄町1-14
営業時間:10時~18時
定休日:土曜・日曜・祝日